ダイエットが上手くいかない原因は腸内にあるデブ菌が原因かも!?

おへそマワリのDr.COCOrONの土井です!
今回はダイエットと腸内細菌についてのお話です^^

様々なダイエットを試してみたがなかなか成果がでない。
一時的にダイエットを成功させてもすぐにリバウンドして元に戻ってしまう…
そんな経験ありませんか??

少し食べただけで太る人といくら食べても太らない人。
どこに違いがあるのでしょうか?
食事や運動、生活習慣などの影響もありますが
その違いのひとつは腸内にいる『デブ菌』にあります。

 

デブ菌・ヤセ菌ってなに!?

第二の脳とも言われてる腸には、100兆個以上の細菌が住んでいて
重さにすると1〜2㎏もあるといわれています。
その膨大な種類の腸内細菌を大きく分けると

『善玉菌』 『悪玉菌』 『日和見菌』 の3つに分類されます。

その理想的な割合は
善玉菌:悪玉菌:日和見菌 = 2:1:7

善玉菌と悪玉菌はお互いが、自身の菌を増やすために日々闘っていて
食事や生活習慣などで、その割合は変動します。
日和見菌はそのときどきで、多い方の菌の味方をして働きを活発化させます。

 

デブ菌ヤセ菌はこの日和見菌に属しています。

 

日和見菌は多い方の菌の味方する。ということは…

善玉菌が増えるとヤセ菌が増え

玉菌が増えるとデブ菌が増えるということなのです!!

 

『デブ菌』とは脂肪を取り込む働きをするファーミキューテスの事を指します。

デブ菌は高脂肪・高糖分の食事が大好き。
お菓子や甘い飲み物を摂ることが習慣になっている方は要注意です!
これらの食品を摂取し続けていると…
何をやっても痩せないデブ菌体質になる可能性が高くなります。

『ヤセ菌』とは脂肪の蓄積を抑え、食欲に関わるホルモンの分泌をコントロールし
満腹感を持続させ、脂肪の燃焼を促す働きをするバクテロイデーテスの事を指します。

ヤセ菌を増やすには水溶性食物繊維、発酵食品、オリゴ糖をバランス良く摂ることが大事です。

【水溶性食物繊維の多い食材】
エシャロット、オクラ、海藻類、キノコ類、豆類、もち麦など

【発酵食品】
納豆、キムチ、漬物、ヨーグルト、チーズ、味噌など

【オリゴ糖の多い食材】
ごぼう、玉ねぎ、にんにく、バナナ、きな粉、はちみつなど

これらの食材をバランスよく摂りヤセ菌を増やすことで、食べても太りにくいヤセ菌体質になっていきます。

デブ菌とヤセ菌の理想的な比率は
「 デブ菌 : ヤセ菌 = 4 : 6 」
デブ菌の比率が大きくなってしまうと太りやすく痩せにくい体になってしまうのです!

 

デブ菌のチェック方法

以下の8項目うち、いくつ当てはまるか確認してみてください。

①小食なのに太っている
②ダイエットをしても成果が出ない
③発酵食品をあまり食べない
④風邪を引きやすい
⑤肌の調子が悪い
⑥運動をあまりしない
⑦大便・おならがすごく臭い
⑧便秘または下痢をすることが多い

さて、いくつ当てはまったでしょうか??
この中で4個以上当てはまる場合はデブ菌が増えている、または今後増える可能性が高いです。

 

デブ菌撃退におススメ『酢キャベツ』

某、世界一受けたい授業を放送している番組で放送されたデブ菌撃退メニュー
『酢キャベツ』の作り方をご紹介いたします。
とても簡単に作ることができ、さらにデブ菌を効果的に撃退することができるおすすめメニューです!

【材料】
キャベツ 1/2個
塩      小さじ2
酢       200cc

①千切りにしたキャベツに塩を振り、しんなりするまで揉んでいきます。

②そこに、お酢をたっぷり入れ軽く揉み込み、冷蔵庫で半日ほど漬け込んだら完成。

毎食100g食べるのが理想です。

まず2週間試してみてください!!

良く噛むことで満腹感を促すこともできますし、
食物繊維や酢酸の効果で 血糖値やコレステロールの急上昇を防いでくれるので、
食事の最初に摂ると、効果も高まるかもしれませんね!

 

さいごに

食事制限をするだけのダイエットでは腸内環境も悪化し、いつまでたってもデブ菌は減りません。
ヤセ菌を増やす食事をしっかり取り、腸内環境整えて不要なものを溜め込まない太りにくいカラダ作りを行っていきましょう!

港区 赤坂 溜池山王駅 12番出口すぐ!

おへそマワリのDr.COCOrON

 

LINE@もやっています!

「@cocoron」でID検索お願いします♪

時々お得な情報お伝えしますよ〜!